滑空記章について

青地に白いカモメのバッジが滑空記章です。ソロに出るとA章、30分以上ソアリングするとC章などを取得できます。滑空記章は国内章と国際章に分かれており、いずれも技量認定証です。
当協会では各種滑空競技会を後援しておりますが、後援滑空競技会に出場する選手は、競技種目に応じて、必要な滑空記章を所有していることを要件にしております。

 

国内滑空記章

章の種類および受章資格
A章 (場周飛行試験):単独飛行、所定した場所への着陸


B章 (旋回飛行試験):左右360度バンク30度緩旋回、指定地内への接地


C章 (滑翔試験および急旋回飛行試験):30分以上の滑翔、 左右1080度バンク45度急旋回、指定地内への着陸


銅章 (滑翔試験および野外着陸試験):2時間以上の滑翔あるいは1時間以上 の滑翔2回、野外着陸を想定した指定地内着陸、オーバーヘッドアプローチおよびスリッピングターン

 

手順
受験
滑空記章試験員あるいは公式立会人に依頼して試験を受ける。必要に応じて過去の飛行ログを示す。

申請
合格したら、申請書(日本滑空記章試験報告書 記第3号様式)を作成し、(公社)日本滑空協会に送る。 初めて記章登録の申請をする場合は、データ登録料 1,000円かかります。 (滑空協会個人会員の方は、登録料が免除されます。)

受領
登録後、(公社)日本滑空協会より日本滑空記章証明書(カード)が送付され、協会機関誌に氏名が掲載される。

その他
日本滑空記章(バッジ)あるいは日本滑空記章証明書(カード)は日本滑空記章証明書/日本滑空記章交付・再交付申請書 記第4号様式)に必要事項を記載して(公社)日本滑空協会に申請することによって交付される。
バッジの交付・再交付は1,500円、カードは各章初回無料・再交付 500円です。

日本滑空記章規定について

国内章はFAI各国NAC (National Airsport Control)が管理しており、日本では、FAI NACである(一財)日本航空協会 航空スポーツ室の委託を受け、(公社)日本滑空協会が関連規約制定、日本滑空記章試験員任命・管理、および記章管理・登録・交付、を担当しています。 国内記章は滑空技術取得のシラバス(各章過程)とリンクしており、記章で技量レベルを示します。

窓口:
(公社)日本滑空協会 
住所:105-0004 東京都港区新橋1-18-1 航空会館9階
Tel:03-3519-8074
Fax:03-3519-8075
E-mail

 

国際滑空記章

章の種類および課目
銀C章        直線50kmの距離飛行、1000m以上の獲得高度、5時間以上の滞空
金C章        300kmの距離飛行、3000m以上の獲得高度、5時間以上の滞空
ダイヤモンド距離章  500km以上の距離飛行
ダイヤモンド目的地章 300km以上の往復あるいは3角距離飛行
ダイヤモンド高度章  5,000m以上の獲得高度
3ダイヤモンド章   上記全部を取得したパイロットに与えられる章
距離飛行バッジ    750kmを超える距離飛行を行った場合、250kmごとに距離バッジを授与
距離飛行認定証    1,000kmを超える距離飛行ごとに認定証を授与

手順
事前に(一財)日本航空協会 航空スポーツ室と打合せて実施することを推奨。
海外で実施する場合は当該国NACの指示に従って実施し、当該NACから(一財)日本航空協会に報告をもらい、国際章が発行される。

 

国際章はFAIが制定し、登録、発行する。各国NACが公式立会人の任命および国内の管理を行い、FAIへの取次ぎを行う。

窓口:
(一財)日本航空協会 航空スポーツ室
住所:105-0004 東京都港区新橋1-18-1  航空会館6階
Tel:03-3502-1203、または1209

国際滑空記章とスポーティングコードについて

 

注)
FAI   :Federation Aeronautique Internationale
英文名 :The World Air Sports Federation
日本名 :国際航空連盟
NAC     :National Airsport Control

最終更新 12月 8, 2017 @ 00:25