公益社団法人 日本滑空協会(JSA)

公益社団法人 日本滑空協会(Japan Soaring Association 略称JSA)は、内閣総理大臣より認定された公益法人です。 また当協会は、世界約100か国が加盟し、航空スポーツを統括する国際航空連盟(Federation Aeronautique Internationale 略称FAI)の日本支社である一般財団法人 日本航空協会から、グライダーおよびモーターグライダーに関する国内統括団体として認定されている非営利団体です。

日本滑空協会は、日本のグライダースポーツを愛好する人々を代表する団体として、滑空スポーツの普及と振興を目的として活動をしています。

グライダーで滑空活動を行う際には、機体、空域、操縦資格、航空法その他に関することをはじめ、時には個人では対応できない様々な事柄に直面することがあります。これらを滑空界全体の課題として調整・改善し、グライダー愛好者がより高度な滑空活動を安全に楽しむことができるよう取り組むことが、日本滑空協会の大きな役割です。

現在、日本滑空協会の会員数は600名ほどですが、国内約50の滑空団体に所属しているグライダー愛好家は約3,000名、そのほか海外で訓練を受けた人、ライセンスを取得した人、あるいは大学航空部OBを含めると、日本にはその数倍のグライダー経験者がいると考えます。私達はそうした皆様、さらには一般の方にも、爽快な空のスポーツであり、体力に頼らない生涯スポーツであるグライダーの魅力をご理解いただき、会員になっていただければと考えております。

日本滑空協会は会員の会費と活動によって運営されております。グライダー愛好者の方はもちろん、より多くの方に会員になっていただくとともに、滑空活動の多様な面で、ご自身の専門知識・能力を生かして、公益社団法人社員として社会活動に携わり、滑空界を豊かにするとともに、自己実現を果たされてはいかがでしょう。

グライダーの創始者リリエンタールの初飛行から百余年。近年は一気に3,000Kmを超える距離を飛んだり、規定された距離の速度記録を狙ったり、大陸ごとの各種新記録を樹立したり、グライダーには、まだまだ多くの可能性が広がっています。  そんな大それた記録はさておき、休日の空を心地よい風音を聞きながらグライダーで飛ぶことは、日々の疲れを癒し明日の活力を得る良い方法です。

 

主な事業

日本滑空協会は、公益目的事業として次の事業を実施しています。

滑空スポーツ統括・普及事業

調査 滑空界状況
連携 FAI、航空スポーツ団体、滑空スポーツ団体
相談答申推薦 官公庁、マスコミ、企業、一般
展示デモ 地上展示、飛行デモ
情報発信

機関紙“JSA Info”を3月、7月、11月に発行し、会員に無料で送付

ホームページ運営 http://www.japan-soaring.or.jp/

国内滑空団体への情報伝達・発信、キャンペーン

 

滑空スポーツ愛好者育成事業

日本滑空記章

(A章、B章、C章、銅章)

規定管理、試験員管理、記録管理 記章申請受理、記章発行
FAI滑空機公式立会人 推薦 就任講習会実施
航空従業者養成

施設機材管理、指導員管理、養成業務実施、

上級滑空機技能証明証発行

育成 講習会、講演会、飛行イベント 実施

 

滑空スポーツ競技会事業

滑空競技会開催  
滑空競技会支援 名義後援、賞状授与
 

 

沿革

    昭和42年 6月 日本滑空連合として発足。
    昭和45年12月 日本滑空連合の組織を継承し、日本滑空協会を設立。
    昭和46年 4月 社団法人認可。
    平成24年 8月 公益社団法人認可。

 

最終更新 10月 20, 2017 @ 22:58