2022年第37回グライダー世界選手権ハンガリー大会(オープンクラス、18mクラス、20mクラス)開催案内

第37回グライダー世界選手権ハンガリー大会( 37th FAI World Gliding Championships: WGC 2022 18m、オープン、20m複座クラス)はハンガリーのセゲド飛行場(Szeged Airport)で7/23~8/6に開催されます。新型コロナの影響でキャンセルが続いていましたので、3年ぶりになります。今回はJSAの佐志田事務局長をチームキャプテンとして日本チームを結成し、18mクラスに市川展選手と丸山毅選手が参戦します。

選手権の毎日のタスクや結果などは大会ホームページからリアルタイムに見ることができます。日本からも観戦・応援の程、宜しくお願い致します。なお、日本とハンガリーの時差は7時間(遅れ)です。

公式サイト:https://wgc2022.hu/


スケジュール

・非公式トレーニング:7月18、19日

・公式トレーニング:7月20~22日

・開会式:7月23日

・競技:7月24日~8月5日

・閉会式:8月6日


エントリー数

・18mクラス:40機

・オープンクラス:24機

・20m複座クラス:19機


市川選手のコメント

ハンガリーは過去にヨーロッパ選手権で準優勝2回しているゲンの良いエリアです。今回は久しぶりの国際大会になります。来年のナロマインでの世界選手権に向けて練習のつもりで安全第一で楽しんできたいと思います。機体は最新鋭のAS33ですが、事前練習なしでぶっつけ本番になってしまいそうです。時間が許す範囲でInstagramのmakglidingに写真を載せたいと思います。大会後にZoomでまた報告会するのも楽しみにしています。

Instagram:  https://www.instagram.com/makgliding/


丸山選手のコメント

1999 年に初めて世界選手権に参加して以来、5回目の世界選手権です。今大会に向けて、2019 年より使用機体を新世代のJS3 に乗り換え、21 年はナミビアで世界チャンピオンと同乗トレーニングを行い、22 年は開催地ハンガリーとチェコで練習してきました。6/5 には現地に同行するチームメンバーとキックオフミーティングを開催し、準備を進めています。

世界選手権というと遠くの世界の話に思えるかもしれませんが、私も多くの方と同じく大学航空部でグライダーに出会いグライダーを始めました。卒業後は会社員として働き、毎年の休みをフルに使いながら、一歩一歩積み重ねて現在に至っています。グライダー競技の世界は面白い世界です。皆さんにもぜひこの世界の面白さを伝えたいと思っています。レポートはチームのブログとFacebook ページ、Twitter、Instagram で発信していきます。応援よろしくお願いします。

ブログ: http://maru-wgc.blogspot.com/

Facebook: https://www.facebook.com/TeamMaru/

Instagram: https://www.instagram.com/teammarugliding/

Twitter: https://twitter.com/teammarugliding