滑空スポーツ講習会2020 第1回 長野 開催案内

概要

日時:2020年10月17日(土)10:30 – 12:00 / 13:00-17:00
場所:長野 須坂市第1勤労者研修センター 地図
主催:公益社団法人日本滑空協会  
後援:国土交通省 航空局

プログラム

10:30~12:00 滑空記章試験員講習会 「日本滑空記章規程類の変更について」(試験員・公式立会人対象)
                      (公社)日本滑空協会 佐志田 伸夫

12:45~13:00 講習会参加受付

13:15~14:45 航空安全講習会(滑空機特化) 講演1 「最近の変更点及び一般知識等の概要など(特定操縦技能審査)」
          (一社)静岡県航空協会 吉田 徹 氏

15:00~16:30 航空安全講習会(滑空機特化) 講演2 「管制空域を理解して安全に飛ぼう」
         (公社)日本グライダークラブ 鈴木 重輝 氏

講師・講演内容

佐志田 伸夫 氏

<講演内容>
日本滑空記章試験員講習会

<講師プロフィール>
・日本滑空協会 常務理事/事務局長 
・特定操縦技能審査員
・公式立会人、日本滑空記章試験員
・日本学生航空連盟 指導員
・技術士(総合技術監理部門、電気電子部門)


吉田 徹(よしだ とおる)氏

<講演内容>
滑空機特化・航空安全講習会講演1概要
「最近の変更点及び一般知識等の概要など(特定操縦技能審査)」

<講師プロフィール>

1975年 中部日本航空連盟愛知支部(岡崎)にてグライダートレーニングを始め、その後静岡県航空協会にてモーターグライダー、飛行機のトレーニングを始めました。
2001年、「航空従事者の技量維持のあり方に関する調査委員会」が発足し、所属していたJAPAよりこの委員会活動に参画、「国空乗第2077号」(平成15年3月)の通達を受けJSAをはじめ関連団体との協調の下、航空安全講習会の企画・運営等を行って参りました。
その後、皆様ご承知のように法改正により「特定操縦技能審査制度」が施行されましたが、これらの経緯はJSA INFO #315(2018 July)に投稿させて頂きました。
・元(一社)静岡県航空協会 副会長
・元(公社)日本航空機操縦士協会(JAPA) 理事 
・保有資格 ・滑空機(上級・動力) 事業用操縦士/教育証明/特定操縦技能審査員
      ・飛行機(陸上・単発) 事業用操縦士/教育証明/特定操縦技能審査員

 


鈴木 重輝(すずき しげてる)氏
<講演内容>
滑空機特化・航空安全講習会講演2概要
「管制空域を理解して安全に飛ぼう」

<講師プロフィール>
所属:(公社)日本グライダークラブ 理事
・1965年 慶大航空部入部
・日本グライダークラブ 教官、曳航パイロット
・滑空記章 金C章、ダイヤモンド目的地章、距離章
・特定操縦技能審査員(滑空機、飛行機)
・元日本航空機長


 

開催概要

日本滑空記章試験員講習会 10:30-12:00

基本的には記章試験員のための説明会ですが、どなたでも受講できます。
ただし時間の都合で、初歩的な質問はお答えできない場合があります。
会費は無料 手元資料はありません。準備の都合上、申し込んで下さい。

 

航空安全講習会 13:00-17:00 

受講:自家用操縦士 技能証明を保持し、特定操縦技能審査を受けて機長として飛行する人に対する講習会。当協会が開催する航空安全講習会は、航空局通達国空乗2077号「自家用操縦士の技量維持方策に係る指針」に沿った内容を含み、また平成26年4月1日より本施行された「特定操縦技能審査制度」に対応しておりますので、受講された方は審査の一部免除が受けられます。

航空安全講習会資料、講演手元資料、受講票を差し上げます。

参加費用

日本滑空協会会員、ジュニア、5団体会員(注) 会費1,000円
一般                     会費3,000円

5団体:(公社)日本航空機操縦士協会NPO法人 AOPA-JAPAN(一社)日本飛行連盟認定NPO法人 全日本ヘリコプター協議会(公社)日本滑空協会
ジュニア:25歳以下

日本滑空協会会員については受講料が割引されます。現在会員でない方は、この機会にぜひ入会されることをお勧めします。

会費 講習会当日会場支払(現金のみ)

 

会費は講習会当日会場でいただきます。

申込方法

以下フォームからお申し込みください

航空安全講習会

滑空記章試験員講習会

この講習会は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施(開催)されています