操縦士実地試験実施基準の一部改正について

会員各位
 
国土交通省運航安全課から、実地試験実施基準の一部改正のご連絡をいただきました。
 
改正点

3-7 再操作は全科目を通じて1回を限度とする。ただし、気流のじょう乱等の気象状態又は航空管制の事由に起因するもののため、合否の判定が不明確な場合はこの限りではない。

(試験を中止する場合に該当する時は、再操作は認められません。)
 
 
 
参考 パブリックコメント